スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しい現実

今日は、パル病院へ行ってきました。

今年になり、度々の血尿と、頻尿やなんやで悩みながら、今日パパも休みで、
午前だけの診療なので、行く事にしました。


色々分かりました。
色々話ししました。
色々方法も今後の事も話ししました。


ママはすぐに返事をしませんでした。



なので対処療法しか出来ないですが、昨年もらっていた薬3種類をもらい帰ってきました。



この先、このままでは、ある方法を取るしかなくなります。
しかし、今からなってない事を考えるのも現実味がないし考えれないから
なった時にどうするか考える事にすると先生とも話をしました。


要するに検査をしないと根本原因がわからないけれど、それを突き止めるには麻酔やら手術やらなので、
そこも体力的などで考えてしまう部分です。

色々な事がよぎるけれど、いっぱい考えて悔いのないような治療や生活を送らないと、
悲しい思いだけ残るので、一番考えなければいけない時期に来ています

今日は意外と混んでいてい、同じダックスでヘルニア手術3人いて
パルと同じくグレードⅤと最高値を出していたけど足が動いたという人や、今日退院の子、まだ手術して1ヶ月と

だからパルが一番先輩で、歩かせて見せてあげたら喜んでいました。
諦めず、くじけず、絶対に大丈夫^^


2014,2,11病院
ままぁ~パルもいくでしゅよ~


はいはい今日はパルが主役なので連れて行きますよ~




2014,2,11病院②
まましゃん、あたちはだいじょうぶでしゅよ^^
ウマウマがあれば生きていけるでしゅ(ーー;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

即断でなくてよいのなら、うんうん!持ちかえって考える!せいかい!
パルちゃん13歳。
場所は違うけど、
凛は、肝臓に丸いもの10個以上、悪性か良性かは、お腹開けて検査しないとわからないと、告げられたのが、13歳と一ヶ月のときでした。

我が子のことは、毎日生活してるママパパが、一番わかってるもんね。

おいしい、うれしい、たのしい、ねむねむー、ちゃーわちぇー、痛いないないな生活を、お互いに、頭、ぐるぐるフル回転で、いきましょうー。

Re: タイトルなし

とこさん、
本当にそれ、
きちんと調べるには、麻酔してCTかける、
そのついでに組織を取り調べる

調べたところで、良性だったら、負担が大きすぎる
悪性なら、どうしようもない部分がある

この選択には若い子ならこれからの事考えて
リスクがあってもかけるけど、
今のパルに耐えるだけの気力があるかは
前回の胆嚢の時に分かっているので、
そこもあり
いっぱい話ししてきました。

なので、こうしてこの先腎不全になる場合とかの色々な方法なども話ししてきました

今、パルはやっとアレルギーもひどく出なくなり、
楽しく過ごせてる

でも、おしっことかは変な感じはあると思うけど・・・

様子みますね

何もなければ2週間後に行くので・・・

No title

こんにちわぁ~パルちゃん(*゚▽゚*)

病院だったのね

そして
mama、ドッと疲れちゃったのね

でも
パルちゃんは
ニコニコ笑ってる

mamaの判断で間違ってない(^^)/

13才のパルちゃん

ほんとにいろんなこと乗り越え
生きる力の強い子ですから


Re: No title

先生も一緒に考えていこうと言ってくれ
その都度何か不都合が出たらその時の最善を考えるという形で
話をしたのです。

パルの一番を考えたいけど、パルは話をしてくれないから、
やっぱり私が決めないといけない決断ですから・・・


今日もいっぱいのヘルニア仲間が居て、
皆いい子で頑張っているからパルも頑張ります

No title

パルちゃんママさんこんばんは。

病院に行って来たんですね。
大丈夫ですか?
犬種、病名は違いますが、ママさんのお気持ち痛いほど分かります。
大型犬のベルは、12歳の年に3回の手術をしました。3回目は、午前にCTの全身麻酔をして夜に又全身麻酔をしての手術。何れも、考える時間もなく即答しなければなりませんでした。
何も疑いもなく、私達に言われるままに耐えてくれて…。

パルちゃん、ママさんの隣で元気に笑っています。
パルちゃんの事はママさんが一番良く知っています。
今後の治療方法や生活の質の向上等、考え悩む事がいっぱいですよね。
信頼し合っている2人です。
パルちゃんの幸せを一番に、アクセル全開で頑張りましょう!
ママさんが決めた事が絶対正解です。
ママさんの決めた事を全力で応援します。

Re: No title

こんばんは

ありがとうございます。
パルは昨年4月からずっと血尿で悩まされています。

小さい頃から膀胱炎は良くなっていましたが、治っていたのですが
今回は治らないのです。

原因が大体絞れてきたのですが、
その根本原因を突き止めるには
やはりリスクを伴い、また痛い思いもし
さみしい病院生活にさせるしかない

それで治る病気ならイイけれど、そうでなかったら
その負担が体力も落とすし、凄く迷うところなのです。

どうなのか分かることはこれからの研究材料にもなるのでしょうが、
そこまで寛大なママではないし、中々踏み切れないで
体中メスだらけにしたくないのもあるのです。

麻酔のリスクもとても嫌なんですよね

段々するたびに目を覚まさなくなってきてるのです。

色々様子を見ながらその都度決めていきたいです
パルの生い立ち
script*KT*
蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ururunrunさんのランキング集計結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。